治る不妊と治らない不妊 最新の技術と東洋医学

東洋医学では古くから不妊治療に挑戦してきました。
そこにはさすがに体外受精や顕微授精などの技術はありませんが、鍼やお灸で必治療してきた歴史があります。
古代より「無子」「絶子」「絶産」「不孕」「全不産」「絶産」「断緒」などと言われ、研究されてきました。
また、古人は治療によって治る不妊と治らない不妊があることも認識していました。
これら「治らない不妊」に関して現代の医療の進歩により、多くの不妊症が改善されてきているのは言うまでもありません。

当院の鍼灸治療は、「東洋医学だけでは治らない不妊」がある事をしっかり認識し、その場合は産婦人科の治療の効果を高めるお手伝いをいたします。

鍼灸で体外受精の成功率があげられるというデータもあります。
鍼灸での体質改善は三か月から半年くらいはかかるものですが、最低でも体外受精をされる一か月前から鍼灸を受けられるといいかと思います。
当院でも鍼灸治療で体調を整えてから体外受精に臨まれる方はいらっしゃいます。
良い結果が出ています。

鍼灸治療で上手く体質改善ができていけば、
子宮内膜の質が良くなり、ホルモンバランスの改善による妊娠維持もしやすくなってきます。

サブコンテンツ

当院は大阪、池田市で鍼灸、東洋医学の観点から不妊症治療に真剣に取り組んでいます。
一人でも多くの方が夢を叶えられるように、日々精進しております。
大阪や兵庫にお住まいの方は是非ご相談下さい。

大阪・池田市で不妊鍼灸治療をうけるなら

このページの先頭へ