「生薬」の記事一覧

畢撥(ヒハツ)

生薬

辛 大熱 脾胃に帰経 アーユルヴェーダ医学においては最も重要な薬の一つとしてよく使われる。 中国においては「開宝本草」において10世紀頃初めて紹介されている。 祛寒・温陽胃 吐き気・腹痛・悪寒を伴う胃寒証によく用いられる・・・

半夏(ハンゲ)

生薬

辛 温 肺・脾・胃に帰経 夏の半ばとあるように真夏に収穫される。 毒性があるので、酢か茶につけてから用いられる。 化痰・燥湿・止嘔 寒の痰飲を化す(代謝して取り除く) 湿を取り除き上逆する胃の気を引き下げ吐き気を止める。・・・

白朮(ビャクジュツ)

生薬

通称 オケラ 補気剤 甘・苦 微温 脾・胃に帰経 脾胃の虚証によく用いられる。 四君子湯に含まれる。 補気・健脾・燥湿・止汗 下痢・倦怠感・腹部膨満感・食欲減退・吐き気など 湿を燥すると言われ、むくみや水分の貯留や、梅雨・・・

白芍(ビャクシャク)

生薬

通称シャクヤク 酸・苦 微寒・涼 肝・脾に帰経 養血・平肝・止汗 シャクヤクの根。寒性を減じるために炒って用いる。血を滋養し肝の不調和を整える。婦人病によく使われる。 頭痛やめまい等の肝気の上逆によく使われる。 下痢や腹・・・

艾葉(ガイヨウ)

生薬

よもぎの葉。 辛・苦 温 肺・肝・脾・腎 お灸の原材料でもある。 婦人病薬としてよく使われる。マラリアに有効との研究もある。 ヨーロッパでも魔術によく使われた。 温経絡・止血・祛寒・祛痰飲 日本では風呂に入れると体がより・・・

甘草(カンゾウ)

生薬

強壮剤の一つ。 長く服用すると寿命が伸びると言い伝えられる。 薬理作用 抗菌・抗炎症・鎮痙・抗アレルギー・鎮咳・降圧・理胆 補気・潤肺・止咳・和薬・緩急(急な筋肉の硬直を緩和する) 気虚に使われることが多く、脾気に関係す・・・

ページの先頭へ