生理の量が少ない、薄い、生理周期が長い

生理の量が少くなった

東洋医学では不妊の原因になりやすい虚弱な体質が何種類にも分けて考える考え方があります。
生理の量が少ない、生理周期が長い人に多いのが「血虚」(けっきょ)と呼ばれる虚弱体質です。
もちろん生理の経血量が少ないというだけでそう決められるものでありませんが、
前は多い方だったのに最近は少ないという方はよりその可能性が高いです。
他にも、血虚の人にありがちなことは

経血の質

経血の量が少ないことに加えて、
経血の色が薄い、ピンクっぽい
経血が水っぽくさらっとしてる

生理

日数が短め、または最近短くなった

生理が遅れる

症状

だるい、疲れやすい
めまいがする
肌が乾燥する

その他の特徴

舌は少し薄めの色
髪の毛につやがないか枝毛が多い
つめがもろい
集中力散漫
物忘れが多い
不安になりやすい、脅迫観念、漠然とした不安感に襲われる傾向
食欲はあるが少食またはおいしくない
睡眠が浅い。夢を見やすい。目が覚めやすい。
便がコロコロ。

当てはまるものが多いほど典型的な血虚という事になる可能性があります。
こういった傾向の強い人は妊娠しにくく、妊娠しても胎児の発育が遅い傾向があると言われています。
とはいっても、これは大雑把な分類です。
血虚と言っても人によっていろいろです。
鍼灸師は、こうした指標以外にも脈やお顔の色、ツボの反応などなどでもっと詳しく判断します。

血虚の原因

血虚になる原因を東洋医学では以下のようなものが代表的にあげられます

経血の量が多い、または周期が短かったり、不正出血が続いた。

血虚というものは男性より女性に多いのですが、
女性は生理で毎月出血するので血虚になりやすいのだと考えられています。
普段より出血量が多かったり、生理周期が早かったことで総量的に出血が多かったり、
不正出血などのせいで血虚の引き金になると東洋医学では考えます。

不妊治療で排卵誘発剤などの薬の長期服用によるもの

これは仕方がない事なのですが、排卵誘発剤は今の東洋医学、中医学では血虚や腎虚(じんきょ、生命力の減退のようなものと思ってください)を起こしやすい、その傾向を強めると考えられています。
不妊治療が長引いている人ほど鍼灸をお勧めする理由でもあります。

出産、流産、中絶

お産では、人の持つ生命力が大幅に失われると考えます。
流産や中絶も消耗します。小さな出産ととらえます。
また、手術などでも大幅に消耗します。
過去の出産による消耗は、何もしなければ時間がたってもなかなか補充されないものです。
出産後はお灸を特にお勧めします。

タンパク質不足、食事があっていない

血虚の人は胃腸が弱いこともあります。
吸収効率が悪いか、もともと食が細い場合でも血虚になりやすいです。

目の酷使、夜更かし、考えすぎ

目の酷使であったり、考えすぎや、夜更かしも血虚を悪化させる原因になります。

日常生活で気をつけたいこと

睡眠はしっかり取る

トータルで長い時間寝ていたとしても、不規則な時間に寝ていたり、夜中に起きていたりすると血虚の人は十分な睡眠がとれません。
早めに寝るようにしましょう。

食生活では血液を補う作用のある体ものを食べると良いでしょう。

牛乳や卵などの乳製品、それからすじ肉であったり動物のレバーや赤身の肉
ひじきやほうれん草、にんじん
プルーン、黒ゴマ、くるみやピーナッツが体に合います。

ダイエットは今はあまり向かないかもしれません。

目を使う頻度を下げる

東洋医学では血は脳や目を使うと消耗すると考えるます。
パソコンやスマートフォン、テレビやビデオなどの画像をたくさん見る方はそれを控えるだけでも効果があります。
テレビが多い方は、音楽やラジオなどを楽しむ時間を増やしてみるのもいいのではないでしょうか?

ツボ療法

血虚によく効くツボをご紹介します。
不妊に効くツボとあわせて試してみましょう。

血海

血海

膝のお皿の上お皿の内側の角から指三本分くらいの所になんとなくへこんだ所があります。
そこが血海です。

三陰交

三陰交

三陰交は婦人科疾患に欠かせないツボ。
足の三つの陰の経絡が交わるところなので三陰交といいます。
組み合わせによって性質が変わるツボであると言えます。
血海と組み合わせると血の不調に効果が出ます。
生理不順などにも効果があります。不妊に効くツボの効果を高めてくれます。

指圧する

指でそっと、ゆっくりぎゅうううう~っと押さえましょう。
そしてゆっくり離します。これを繰り返しましょう。
一点に絞る必要はありません。
血海あたりを中心に縦に押しましょう。三陰交も同様に。
でも三陰交は血海より少し圧を弱めにしていいでしょう。

棒灸

棒灸ができる人は血海にも棒灸しましょう。
棒灸の使い方や、棒灸を使ったご家庭でできる不妊治療が知りたい方は以下もあわせてどうぞ。
妊活に最適!不妊症に効くお灸のツボは子宝三穴(棒灸、不妊三穴)

不妊治療にご自分でできる指圧の方法はこちらのページにも解説しています。
不妊治療と指圧整体

鍼灸南天では不妊に対する鍼灸に力を入れています。
大阪北部、兵庫の方はご相談いただければと思います。
こちらトップページにはQ&Aの形でいろいろな疑問にもお答えしています。

大阪・兵庫 不妊鍼灸なら鍼灸南天

サブコンテンツ

当院は大阪、池田市で鍼灸、東洋医学の観点から不妊症治療に真剣に取り組んでいます。
一人でも多くの方が夢を叶えられるように、日々精進しております。
大阪や兵庫にお住まいの方は是非ご相談下さい。

大阪・池田市で不妊鍼灸治療をうけるなら

このページの先頭へ