辛 大熱 脾胃に帰経 アーユルヴェーダ医学においては最も重要な薬の一つとしてよく使われる。 中国においては「開宝本草」において10世紀頃初めて紹介されている。 祛寒・温陽胃 吐き気・腹痛・悪寒を伴う胃寒証によく用いられる・・・