子宮内膜が厚くなる鍼灸

子宮内膜が薄い

クリニックで、「子宮内膜が薄い」といわれる方も当院にはいらっしゃいます。
排卵誘発剤の副作用であったり、ホルモンバランスの乱れであったりします。

東洋医学の考え方では、「血虚」「陰虚」傾向にある方が多いように見受けられます。

血虚とは

ストレス、過労などで気血水の血の部分が不足している状態です
顔色が黄色くなったり、青白くなったり、めまい、イライラ、動悸、不整脈、月経困難などが起こりやすく
脈は細く、舌は白くなりがちです

陰虚

過労、薬の飲みすぎ、生まれつきの虚弱体質などで
体の陰と陽の「陰」の部分の不足です
東洋医学では体を陰陽で分けるときがありますが、
陽は体のエネルギー陰は物体である肉体そのものに大きく分けられます
陰が少なくなると筋肉が落ちて痩せたり、全体的に乾燥してきたり、
陰と陽のバランスが崩れ、相対的に陽が大きくなったりすることで不調が現れます
髪や喉、口の乾燥、便秘、関節の異常などが起こりやすく、
また、五臓六腑の「腎」(腎臓とイコールではありません)の陰を消耗すれば腰が弱くなったり、
不妊症の原因になります。

鍼灸では血虚の場合、「血海」など血を補う「補血」の作用のある経穴(ツボ)や、状態に合わせてツボの組み合わせを考えます
血虚にも「心血虚」「肝血虚」等と呼ばれるものがあり、そういった東洋医学独特の視点から施術を調整します。

陰虚の場合、不妊症なら腎陰虚がもっとも問題になりますが
「関元」「腎兪」などの腎を補うツボ(補腎)や、「照海」等の腎と腎の陰を補うツボ(補陰)などをやはり個人個人に合わせて組み合わせていきます。

鍼灸と子宮内膜の熱さに関する研究ではこんなデータもあります

体外受精・顕微受精ならびに
凍結胚移植を行う患者で子宮内膜の状態が

西洋医学的に治療を行っても一定の基準(注)に
満たない5症例
(32歳~40歳<平均年齢35歳>不妊歴は3.5年~10年<平均6.6年>)
に対し、鍼灸治療を施したところ

全てにおいて子宮内膜の状態が改善し、
一定の基準に達し妊娠に至った。

※一定の基準:(8mm以上3層構造)にまで至らないことが
不妊の1つの要因と考えられる。
 基本穴として関元、中極、大赫、
三陰交、腎兪、大腸兪、次リョウ穴を使用。

愛知地方会 鈴木裕明 竹内病院トヨタ不妊センター 越智正憲

東洋医学、鍼灸に関する良いデータは少しづつ積み重なってきています。
関元、中極、大赫はいずれも下腹部にある経穴で、不妊治療の重要なツボです。
三陰交は女性の疾患でよく使われるツボで、血海などとあわせると補血、活血(血をきれいにする)の効果もあります。
腎兪、大腸兪は腰にあります。やはり腰が悪いと良くありません。腎兪は生殖の要である「腎」のツボです。
次リョウ穴は腰の仙骨部分、骨盤内の臓器の血流を良くしたり、卵巣のホルモンの働きを整える作用があります。

子宮内膜が薄い場合や子宮内膜症にも鍼灸は効果があります。
お悩みの方は一度ご相談下さい。

サブコンテンツ

当院は大阪、池田市で鍼灸、東洋医学の観点から不妊症治療に真剣に取り組んでいます。
一人でも多くの方が夢を叶えられるように、日々精進しております。
大阪や兵庫にお住まいの方は是非ご相談下さい。

大阪・池田市で不妊鍼灸治療をうけるなら

このページの先頭へ