腰椎椎間板ヘルニアで鍼灸を続けてこられた方からのアンケートです

腰椎椎間板ヘルニア鍼灸のアンケート

病院で腰椎椎間板ヘルニアと診断され、ひどい時はベッドから起き上がることもできず、着替えも手伝ってもらう有様でした。
服薬、通院(ブロック注射)のほかに何かできないかと考え、鍼灸治療を取り入れてみようと思いました。
初めての鍼灸だったので、最初は少し恐怖心があり緊張しました。
ヒーリングミュージックが流れる心地よい室内、優しそうな先生、症状もしっかり聞いてくれ、丁寧な説明・施術で、いつの間にかリラックスしていました。
それから週一回の鍼灸を続けるうちに、毎日服用していた鎮痛剤の個数が減り、服用する日が減り…
少し時間はかかりましたが、服薬・病院での治療も終了しました。
今でも少ししびれは残っていますが、普通に生活できることに幸せを感じています。
これからも鍼灸は続けたいと思っていますのでよろしくお願いします。

池田市 会社員 N・S様
※個人の感想です。効果には個人差があります

N・S様アンケートへのご協力、ありがとうございます。
頑張られましたね。症状がかなり良くなり、嬉しく思っています。
残ったしびれや痛みもいつかとれるようがんばります。
これからもよろしくお願いいたします。

腰椎椎間板ヘルニアと鍼灸

腰椎椎間板ヘルニアは、腰椎部分にある椎間板という軟骨の中から「髄核」(椎間板の中にあり、本来クッションの役目をしている、「脊索」という原始的な動物であった頃の組織の名残)が飛び出てきて、神経を圧迫して神経痛などを引き起こすものです。
一昔前までは、腰椎椎間板ヘルニアは鍼灸では治らないと言われていました。
神経を圧迫している髄核が存在しているのだから手術しかないと。
しかし、髄核の脱出があり、神経を圧迫しているはずなのに、なんの症状も出ない人が多くいることが分かりました。
今では、手術は必ずしも必要ではないと言われています。

鍼灸で腰椎椎間板ヘルニアの症状を緩和できるのは、過敏になった神経の鎮静化ができるからです。
ヘルニアがある人でも症状がない人と、激しい症状がある人がいますがその違いは
神経の過敏性による違いではないかと言われています。
ストレスや疲れ、姿勢バランスの乱れなどで腰の血流がもともと悪い方は神経が過敏になり、ヘルニアがなくても腰痛になります。
そこへ髄核が神経を刺激、さらには圧迫してしまうのですから激しい痛みになる事もうなずけます。
鍼灸は、過敏になった神経を鎮静化、筋肉の緊張をとって筋肉内の血流改善、姿勢バランス調整によって腰椎部分の力学的負担の軽減効果が期待できます。
治癒の反応を促進しながら痛みを抑えることができます。
腰椎椎間板ヘルニアでお悩みの方は是非当院にご相談下さい。

池田市の鍼灸南天では、
さまざまなお悩みに取り組んでいます。

肩こりはもちろん得意ですが、
なかでも、
頭痛、坐骨神経痛、
メンタル(パニック障害やうつ)、
婦人科(生理痛や不妊症等)

には当院の鍼灸をぜひお試しください。
池田市以外にも豊中市、川西市、箕面市、宝塚市など
大阪府北摂地域全域から多数ご来院頂いております。
池田市の鍼灸(はり・きゅう)南天