卵巣嚢腫、月経痛頭痛などの鍼灸アンケート

2.3年前から父親の介護をするようになり心身疲れていました。
精神的にもかなりボロボロで、体の不調もすごく感じていましたがいつも後回しになっていました。あまりにも体調が悪く、月経が遅れるので婦人科に行くと、卵巣嚢腫で7~8cmぐらいまで卵巣が大きくなっているので手術した方が良いと言われ池田市民病院で手術することになりました。
ショックと不安でさらに無気力になりました。
でももう自分の体を後回しにするのはやめようと決意し、以前から東洋医学に興味もありいつも南天さんのホームページをみてきになっていたので、池田市民病院の帰りに予約してみました。
先生は本当に誠実な方でしっかりと向き合ってくれて、優しくてすごく安心して救われた気持ちになりました。
お陰様でいいコンディションで手術と入院もできました。退院後はしっかりとサポートしてくれたり、私の手術の経過を見ながら施術をしてくれて本当に心強く順調に傷も体力も回復していきました。
今では、あの不調の日々がなんだったのか?!と思うくらいに元気になり頭痛も不思議なくらいなくなり本当に感謝の気持ちでいっぱいです。
あのどん底の時に南天さんに電話してよかったなと今振り返ると本当に思います。
本当にありがとうございました。これからも末永くよろしくお願いします。

猪名川町 34歳 主婦 女性 K・Y様

(個人の感想を原文のままに載せています。効果には個人差があります。)

K・Y様
アンケートにご協力、ありがとうございます。
ご満足いただけているようで、うれしいです。
施術するごとにみるみる良くなっていかれ、喜んで頂けるK・Y様の素敵な笑顔を拝見するにつけ、
この仕事のやりがいを感じております。
鍼灸、指圧共にこれからも技術を磨いていきますのでどうぞよろしくお願い致します。

生理痛には鍼灸で体質から改善を

東洋医学では生理痛を「痛経」と呼んで古くから鍼灸で改善してきました。
原因となるものは冷え、ストレスからくる気の流れの停滞、体の中の排出されない老廃物(「湿」や「オ血」といいます)
等から起こります。

鍼灸では体の中から温める本人の力を呼び覚まし冷え症の改善をします。
また、気の流れを良くする(体が硬くなってリラックスできないのが気の停滞の正体です)
ことで生理痛を軽減します。
それによって体の中の老廃物を浄化する能力が向上し、オ血や湿も解消にも役立ちます。
お腹にあるツボ「関元」「中極」「子宮」「大赫」
腰にあるツボ「腎兪」「次髎」等に鍼やお灸をします。
早い人だと一か月ほどで良くなることもありますが、長く続く生理痛や、治りにくいものは根気よく鍼灸を続ける必要があります。
「生理痛は多少あっても仕方がない」と言われますが、東洋医学では生理痛は無いのが健康とされます。
生理痛でお悩みの方は是非お試しください。

池田市の鍼灸南天では、
さまざまなお悩みに取り組んでいます。

肩こりはもちろん得意ですが、
なかでも、
頭痛、坐骨神経痛、
メンタル(パニック障害やうつ)、
婦人科(生理痛や不妊症等)

には当院の鍼灸をぜひお試しください。
池田市以外にも豊中市、川西市、箕面市、宝塚市など
大阪府北摂地域全域から多数ご来院頂いております。
池田市の鍼灸(はり・きゅう)南天