妊娠中の腰痛に指圧とお灸で対応した例です。

以下アンケート全文

IMG_2057

妊娠による腰の痛みの為 夜も寝れなくなったので来院しました。

週一回ほどの通院で腰痛も楽になりました。

お腹が大きくなるにつれて下半身のむくみや痛みも出てきましたが、毎回状態を確認してくださるので安心しておまかせできました。

途中からお灸が安産に良いと聞いたので、してもらってましたが、実はあまり期待していたわけではなく、安産だったらラッキーだなーぐらいに思っていました。でもいざ出産の時、初めての出産でしたが経産婦さん並の安産でした。

毎週のお灸でリラックスして過ごせたのも良かったのかなと思っています。アンケートここまで ありがとうございます。

 

妊娠中でも鍼灸や指圧は安全でかつ有効な方法です。妊婦さんはうつ伏せにはなれませんが、仰向きや横向きで治療します。

鍼灸はその昔、有名な堕胎のエピソードがある事から使いようによっては危険があるのではないかとも言われてきました。
しかし、日本の産婦人科医師石野信安氏が妊婦へのお灸の有効性を証明し、さらに中国での中絶目的の鍼灸が一例も成功しなかったことから
(頼もしいような頼りないような話ですが)鍼灸の安全性が証明される形になりました。
鍼灸は人の生きる力を助ける健康法ですから、中絶などの生きる力に逆行するような作用はありません。

病院でも「今年一番の安産になるだろう」と言われたとか。お役にたてたなら自分としても嬉しいところです。

「マッサージを受けに行ったが妊婦さんはダメと言われた」という方がたまにいらっしゃいますが、
おそらく巷のリラクゼーションのお店に行かれたのではと思います。
リラクゼーションのお店もプロのマッサージと思われるかもしれませんが、実はリラクゼーションはマッサージでありません。
マッサージを行うには按摩マッサージ指圧師という免許が必要です。
リラクゼーションサロンは治療を目的としておらず、癒しが目的なのと、妊婦さんのようにデリケートな状態だと何か問題が起こっても責任が取れないために妊婦さんの施術を断っているようです。

元気な時は良いのですが、体調が悪い時や、妊娠中の時は按摩マッサージ指圧師や鍼灸師等の正規の免許を持った人に施術してもらうようにしましょう。

※これは個人の感想です。効果には個人差があります。